IVYについて

設立20周年同窓会にて
20th2.jpg


1991年、カンボジア難民のキャンプを
訪問したことをきっかけに設立

認定NPO法人 IVY(アイビー)は、東北の山形県山形市に本部を置くNGOです。
タイ国境のカオイダン難民キャンプへスタディーツアーに行ったことがきっかけとなり、
1991年12月8日に設立されました。今年は23年目にあたります。

海外では、カンボジア、フィリピン、東ティモールでの活動経験を持ち、
特に設立のきっかけとなったカンボジアでは
1995年から今日まで、農村部の貧困削減に取り組んできました。

山形県、東北においては、外国出身者、特に国際結婚で来日した女性や
中国からの帰国者へのサポート、                                               子どもたちへの国際理解教育ワークショップ、                                       環境教育として「地球子どもキャンプ」等も行っています。

また、2002年度からは外務省NGO相談員として東北6県を担当し、
次世代NGOの育成や東北6県のNGOのネットワーキング等を行っています。                    2010年には、青年組織としてIVYyouth(アイビーユース)を設立。

東日本大震災では、これまで培われた知識や経験、人脈を生かし、
3月14日に「東北広域震災NGOセンター」を立ち上げ、50以上の避難所への支援物資の配布、       緊急雇用、保育園支援などを行なってきました。

また2013年秋からはシリア難民への支援がイラク北部のクルド人自治区で始まっています。

 人々とコミュニティの自立のために、その時々のニーズに柔軟に対応していく―                 国際協力NGO、IVYを応援してください。

 

活動理念

IVYは、山形という地方を拠点として世界の問題と関わり、以下の理念に基づき
世界中の誰もが人間らしく生きることができる社会をめざします。

  1. 地球市民としての自覚を持ち、足元から行動する
  2. 人種、性別、宗教、個性などの違いを認め、
    地域独自の知恵と多様な文化を尊重し、積極的に活動に活かす
  3. 経済、社会、人権の平等を求め公正な社会の実現に努める
  4. 人々の持つさまざまな可能性に期待し、新しい価値観の創造をめざす
  5. ボランティア活動を自己研鑽の場ととらえ、活動で得た経験や知識を
    個人、家族、職場、地域に還元する
  6. 持続可能な地球環境を守るため、環境の保全、
    有機農業、リサイクル活動を支援し、循環型の社会作りをめざす