IVYについて

設立20周年同窓会にて
20th2.jpg

 

1991年、カンボジアの難民キャンプへの

スタディツアーがきっかけで設立

 


 

認定NPO法人 IVY(アイビー)は、東北の山形県山形市に本部を置くNGOです。
タイ国境のカオイダン難民キャンプへスタディーツアーに行ったことがきっかけで、1991年12月8日に設立されました。

 

海外では、カンボジア、フィリピン、東ティモール、イラクでの活動経験を持ち、
特に設立のきっかけとなったカンボジアでは
1995年から今日まで、農村部の貧困削減に取り組んできました。

 

山形県、東北においては、外国出身者、特に国際結婚で来日した女性や中国からの帰国者へのサポート、子どもたちへの国際理解教育ワークショップ、環境教育として「地球子どもキャンプ」を毎年冬に行っています。

 

また、2002年度からは外務省NGO相談員として東北6県を担当し、電話やメールによる相談窓口、出張サービスを行っています。

 

2010年には青年組織としてIVYyouth(アイビーユース)を設立。

 

東日本大震災では、3月14日に「東北広域震災NGOセンター」を立ち上げ、NGOへの現地情報の提供、50以上の避難所への支援物資の配布、職を失くした方の雇用創出、福島からの母子避難者のための「あいびぃ保育園」の運営などを行なってきました。

 

2013年秋からはイラク北部のクルド自治区で活動を開始。

クルド自治区に避難しているシリア難民、イラク国内避難民への越冬支援、子どもたちのために教育支援を行っています。

 

「その時々のニーズにきめ細やかに柔軟に対応する」をモットーに、国境を越えて、

個人とコミュニティの自立のためにIVYは活動しています。