イラク・中学校再建プロジェクト:1階の天井部分が完成しました!

前回の新着情報では、1階の天井部分に木枠が組まれていました。
content_fa374b59e703f4f5c3a4182a2495c8fe7c4566fa
 

そこへ、木枠を覆うように鉄筋が敷き詰められていきます。
content_7720bfafabce6866a39f77b482c6131bb343f6fd
 

コンクリートミキサー車により、鉄筋にコンクリートが流し込まれます。
content_b171e4bd05a9688d3a129e68203e83c38ec7bcf8
 

この作業「打設(あらかじめ作っておいた枠の中にコンクリートを流し込む作業)」と言うのだそうです。
content_7fbf8448a510f22ae88ae0cb304d5b131eed2cb0
 

流し込みが終わり、コンクリートを平らにならしたところで、水まき。この作業は散水と呼ばれるそうです。
コンクリートは、練ってから硬くなるまでの間、
適度な温度と湿気が与えられることにより、硬化が進むのだそうです。
イラクの日差しはコンクリートの乾燥を促すため、水分が蒸発し、
せっかくのコンクリートがひび割れてしまう原因にもつながります。
content_dd765631d9dfdbe47b9fa8072bdb8470a74eca78

しっかりとコンクリートが硬まるまで養生した後は、
まわりの型枠を外したら1階天井部分の工事が完了です。
次回は2階部分の工事の様子をお届けします!
お楽しみに!
 

詳細はREADYFORのページへ