ミャンマー避難民支援事業・手洗い場設置と水浴び場建設が完了しました

バングラデシュでは、新型コロナウイルスの感染者は累計55万人以上、
死者数は約8500人となっています。
 

冬の第二波が訪れることが懸念されていましたが、実際に2月以降は増加傾向となり、
最近では新規感染者数が約500~1000人となっています。
 

ワクチン接種計画も進んでおり、インド政府から500万回分のワクチンが購入され、
各地で医療関係者などへ優先的な摂取が実施されており、コックスバザールの国連や
NGOのフロントラインワーカーへの摂取も始まっています。
 

またミャンマー避難民キャンプでは、10メートル四方のシェルターに8~10人家族で
暮らしていることが多く、トイレや水浴び場などの衛生施設は複数の世帯が共同で
利用しています。
 

そのため感染症が広がりやすい特徴を持っていますが、新型コロナウイルスの感染予防に
必要な消毒活動、石鹸などの衛生用品、感染予防策の知識や習慣化も十分ではないのが
現状です。
 

各団体による啓発予防のための個別世帯訪問やセッションの実施、マスク配布、手洗い場の
設置などの努力は続けられていますが、せまいシェルターや過密キャンプ内での
フィジカルディスタンスの確保の難しさ、乾季に入ってからの水不足による限定された
水利用など厳しい環境となっています。
 

IVYが実施する「ミャンマー避難民キャンプ水衛生施設の維持管理体制強化および
水衛生環境改善事業」では、避難民ボランティア主体の建設チームによる、
水浴び場21件建設と手洗い場30件設置が完了しました。
 

手洗い1
 

礼拝前のモスク周辺の手洗い場では、子どもたちや仕事帰りのお父さんたちが
気持ちよさそうに手や顔を洗っていました。水浴び場も、今まで竹と
ブルーシートの簡易なものだったので安全に水浴びできる時間帯が限られていたのが、
暖かい昼間でも水浴びできるようになった、と特に女性たちから感謝の声が届いています。
 

手洗い2
 

手洗い3
 

手洗い4
 

※本事業は、ジャパン・プラットフォームによる資金と皆様のご寄付により実施しています。
(外務省NGO相談員ODA広報)