イラク・ニナワ県の小学校にプレハブ校舎を建設中!

私たちが活動しているニナワ県南東部に位置するカイヤラ地区は、2014年から2017年の
3年間、過激派組織ISILに支配され、住民のほとんどが逃げ出すことができませんでした。
 

子どもたちが通っていた学校もISILによってカリキュラムが変えられたために、
子どもを学校へ行かせる家はありませんでした。
 

現在支援している小学校は、紛争によって校舎が壊されたために、村の人たちが
お金を出し合い校舎を建て直しましたが、1クラスに70人以上の子どもたちが
ぎゅうぎゅう詰めの状態で勉強をしています。
 

そこで私たちは、学習スペースを広げ、勉強に集中できるよう、
プレハブ校舎を建設することにしました。
 

イラク1
 
12月から始まった工事、2カ月を経て校舎の全形が見えてきました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために、子どもたちの登校は週1回と
限られていますが、今ある校舎から工事の様子を眺めている子どもたちからは
完成に胸を躍らせるという声も聞かれます。
 

イラク2
 

イラク3
 

イラク4
 
イラク5
 

校舎完成後は、子どもたちに対して衛生教育を実施する予定です。子どもたち同士の
物理的な距離を保つだけでなく、衛生意識についても学ぶことで、感染症にかかることなく、
安心して学べる環境をこれからも届けていきたいと思います。
 

イラク6
 
イラク7
 
※本事業は、ジャパン・プラットフォームや皆様のご寄付により実施しています。
(外務省NGO相談員ODA広報)