IVY30周年記念企画 「シリアの今と、子どもたち」 12/8(水)19:00から

IVYが山形市に誕生して12月8日で30周年を迎えます。この30年、IVYはアジアをはじめ、中東のイラクで活動してきましたが、昨年からはシリアにも活動を広げており、11月からは教育支援のために、クラウドファンディングを実施中です。

 

東日本大震災と同じ2011年3月に始まったシリア紛争ですが、報道で耳にする機会がめっきり減ったシリアの今は、いったいどうなっているのでしょうか。そして、子どもたちはどんな気持ちで毎日を送っているのでしょうか。

 

そこで、イラクやシリアでの現地取材が豊富で、IVYの現地での活動も長年取材してくださっているアジアプレスのジャーナリスト玉本英子さんに講師としてご登場いただき、シリアの今と子どもたちについて、映像等をまじえてオンラインでお話いただきます。

 

講演会は、主にオンライン配信(先着100名様)で行われますので、インターネット環境がある方なら日本国内はもとより、海外からもご参加いただけます。また、山形市周辺にお住まいの方には、会場にお越しいただき、大きな大画面でご覧いただくこともできます。どちらも参加費は無料です。

ご都合の良い方をお選びください。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

玉本英子

東京生まれ。デザイン事務所勤務をへて94年よりアジアプレス所属。中東地域を中心に取材。

イラク・シリア取材では、NEWS23(TBS)、報道ステーション(テレビ朝日)、報道特集(TBS)、テレメンタリー(朝日放送)などで報告。

「漆黒を照らす」―毎日新聞大阪、京都、兵庫版にて連載中。ヤフーニュース(国際、個人)にも定期的に執筆。「戦火に苦しむ女性や子どもの視点に立った一貫した姿勢」が評価され、第54回ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞。「ヤズディ教徒をはじめとするイラク・シリア報告」で第26回坂田記念ジャーナリズム賞特別賞。

 

 

《詳細・お申し込み》
IVY30周年記念企画 アジアプレス 玉本英子氏オンライン講演会「シリアの今と、子どもたち」
■日時:12月8日(水)19:00-21:00
■会場
ーオンライン会場:ZOOM
・18:45配信開始
・アクセス:お申込の方に前日までにURLを送付します
・先着100名様

 

ー山形会場:霞城セントラル23F 山形市市民活動支援センター 高度情報会議室
・18:30開場
・先着20名様
 
■プログラム
1. IVY30周年について
2. Ready For × IVY シリア給食プロジェクトのご紹介
3. 玉本英子氏講演 (オンライン出演)
4. 交流会(山形会場参加のご希望の方のみ)
*プログラムは予告なしに変更する場合がございます。
 
■参加費:無料
会場への交通費および駐車場代、ならびにZOOM通信料等は参加者の自己負担です。
 
■お申し込みフォーム

 

■お申し込み〆切:12月7日(火) 
■注意事項

1. 山形会場では、入場時の消毒、会場内でのマスク着用、ソーシャルディスタンスをお願いします

2. お申込み多数の場合、IVY会員およびREADY FOR寄付者の方を優先させていただくことがありますのでご了承ください。

3. オンライン視聴にはパソコン、タブレット、またはスマートフォンなどの端末と、インターネット通信環境が必要です。

 
□お問い合わせ
 認定NPO法人IVY (担当:広瀬)
 TEL: 023-634-9830(平日9:00〜18:00)
 FAX: 023-634-9884
 Mail: hirose@ivyjapan.org

 

認定NPO法人IVY

山形県に拠点を置き、1991年12月8日の創立から今年で30周年を迎えました。

地域の在留外国人の支援から始まり、1993年以降はカンボジア、フィリピン、東ティモール、イラク、バングラデシュ、シリアと対象国を広げ、農業、水衛生、教育、難民、国内避難民等の分野で支援活動を続けてきました。2011年の東日本大震災では発生直後から被災地での「キャッシュ・フォー・ワーク」や、福島県から山形県に避難してきた母子のための保育所も開設するなどの活動も行ってきました。

30周年である今年は、シリアの紛争地の子どもたちに給食を届けるためREADY FORで300万円のクラウドファンディングに挑戦しており、皆さまからの応援とご寄付を募っています!