ロヒンギャ難民キャンプ大規模火災支援・衛生施設の再建

3月22日に発生した火災による被害をうけたキャンプ8Wでは、8月に入ってやっとチームにロヒンギャ難民のボランティアも加わり、住民との調整とアセスメントを終え、少し晴れ間ものぞくようになり、新しいデザインの水衛生施設の再建が進んでいます。
新しいデザインでは、男女別の施設となり、トイレだけでなく洗濯場所や水浴び室も、従来よりも広いスペースとなっています。
 

▲整地作業
 

 

▲下部構造の作業
 

▲トイレのリングを埋め込む作業
 

▲品質確認をするエンジニア
 

 

▲上部構造の建設作業
 
(バングラデシュ事務所 林知美)
 
※本事業は、皆様からのご寄付と、ジャパン・プラットフォームからのご支援により実施しています。
#バングラデシュ #ロヒンギャ大規模火災 #WASH #IVY #JPF #ODA
#外務省NGO相談員ODA広報 #NGO相談員 #IVY #東北