IVYスタッフ便り

ワークショップな日々−1

6月、7月は、ワークショップが目白押しです。


 

総合学習の時間が削減されてから、ほとんど依頼のなくなっていた山形県内からのワークショップの依頼。しかし、今月は市内の小学校、東村山地区小中学校研究会(社会科)から立て続けに依頼が舞い込み、2日連続で「世界がもし100人の村だったら」http://www.dear.or.jp/book/book01_100.htmlを行ってきました。

小学校に行った日は暑かった。79人の子どもたちと、汗をかきかき、体育館をあちこち移動しながら、世界の現状についてワークショップ。

 

蔵王一小IMG_2313

 

学校に行くときは、いつもIVYyouthの国際理解チームと一緒に行きます。この日も宮教大大学院生のT君、山形大学のOさん、Y君と4人とで、いざ出陣。
 
 
翌日は、天童1中へ。3年前に建てられたという大学と見間違うほどの素敵な校舎。
この日は、文科省が「初等中等教育における教育課程の基準等の在り方について」という諮問http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1353440.htm
の中で述べている「アクティブ・ラーニング」を、国際理解教育で行うには?というテーマで、2日連続の100人村を行いました。
驚いたのは、社会科の先生というのは、ほとんどが男性の先生だということ。小学校の先生も半分くらい参加していたと思うのですが、なぜか男性ばかり。開発教育の研修会はいつも女性が多いのですが。。。でも、担当の先生は、以前JICAの教師海外研修でガーナに行かれたという女性の先生でした。
 
開発教育は、生徒が主体となり「知り」「考え」「行動する」ことが目的となっているので、アクティブ・ラーニングの主体・協働を目指した教育活動とはぴったりなのですが、いかんせん、「貿易ゲーム」以外、開発教育のワークショップが知られていない・・・。
そこで、わたしたちの出番となったわけですが、どこまで授業に取り入れてくれるかは、まだわかりません。が、今後、アクティブ・ラーニングと共に開発教育が学校現場で広まっていければと願っています。
 
謝金はかかりますが、ぜひ、IVYを学校現場にお呼びください。子どもたちが生き生きと活動する姿が見られること間違いなしです。
 
IMG_2315 天童1中の素敵な校舎。

                           (IVY国際理解・環境教育部門)

 

 

IVYスタッフ便り

【あいびぃ保育園】

【あいびぃ保育園】
あいびぃ保育園の子どもたちが『臨床美術教室・わくわくあーと』の保育活動で制作した作品の展覧会です。

日時:11月22日(土)・25日(火)-30日(日)
   午前9時~午後9時半*最終日は午後4時まで
場所:山形市総合福祉センター1階ロビー
入場:無料
主催・お問合せ:東日本臨床美術・りぼん
  TEL080-1846-0344(受付午後1時ー5時)

 

http://tsunagarou.net/modules/oshirase/index.php?content_id=94

 

 

 

IVYスタッフ便り

【グローバルフェスタJAPAN2014】

【グローバルフェスタJAPAN2014】
 4、5日と日比谷公園で行われたグロフェスでは、たくさんの来場者の皆さんが、IVYのブースに立ち寄ってくれました。2日目が台風の影響で午前中で終わってしまったのが残念でしたが、初参加の関東地域の学生さんは「シリア難民」をテーマにパペット(人形劇)を、IVYユースはタグ作りで募金活動を展開していました。北海道から元シリア隊員のSさんもIVYブースの応援に駆けつけてくれ、 ユースのOBやIVYを知る首都圏の人たちもIVYのテントを訪ねてきてくれました。IVYの教育支援活動についていろいろな方に関心を持っていただき、充実した2日間となりました。

 

 

IVYスタッフ便り

【グローバルフェスタJAPAN2014】

【グローバルフェスタJAPAN2014】

IVYはオレンジブースO−57番です。
今週は、4、5日に行われるグローバルフェスタに向けて、準備、準備、準備の日々です。山形、東京、神奈川、仙台の各地で、作業しています。もうすぐ、事務所が閉まるので、焦っています(ポコ)。

 

 

IVYスタッフ便り

【外国人支援】

 

【外国人支援】
第8回IVY日本語スピーチコンテストを、今週末に開催します。
地域の中で暮らす海外にルーツを持つ人たちによるスピーチコンテスト。出場者から留学生を除いていることも特徴です。今年は、山形県内に住む7名が出場予定。
日本で暮らす中で感じる苦悩や喜びをぜひ感じ取ってください。より多くの人に聞いてもらいたいと思います。

日時:10月4日(土)10時-12時
会場:山形市男女共同参画センター(ファーラ)5F 視聴覚室
主催:認定NPO法人IVY  
共催:国際ソロプチミストかみのやま
後援:(公財)山形県国際交流協会、山形市国際交流

 

IVYスタッフ便り

【国際理解教育】

 

秋になると、国際理解教育の依頼が、あちこちから舞い込みます。先週は、そんな一週間でした。水曜日は米沢、金は仙台の中学校でワークショップ。土曜は、初めて行うワークショップに大学生とトライ。メコン川のダム開発がテーマでしたが、「幸せ」をどう捉えるかで、開発の見方が変わってくることに気付いたようでした。

 

 

IVYスタッフ便り

【仙台地球フェスタ】

明日は、仙台国際センターで、せんだい地球フェスタ。IVYは、ブースと会議室で久保田さんの講演会、写真展、イラクとの中継、国際協力のお話など、行います。美味しい世界の食べ物もあります。ぜひ、お越し下さい。

 

IVYスタッフ便り

【IVYみやぎ】

昨年2月の「IVY Social School Vol.2」後に行った、DEARの八木亜紀子さんへのインタビューをHPに掲載。

DEARが教材『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』を制作するに至った経緯について、いろいろ話を伺いました。話は、原発問題を扱う難しさや、ワークショップの面白さにも及びました。

「賛否あるイシューほど、どちらの意見の人も参加して話し合うべき」
http://ivymiyagi.jimdo.com/ivy-social-school/vol2-1/

『もっと話そう!エネルギーと原発のこと』DEAR八木亜紀子さんインタビュー
ivymiyagi.jimdo.com
「もっと話そう!エネルギーと原発のこと」は、2011年3月の福島第一原発事故を受けて、DEARで作成された教材です。この教材の目的は、エネルギー政策や原発の賛否を問うのではなく、一人ひとりが当事者として、まずは知ること、そして安全に話し合う場をつくること。

 

 

 

IVYスタッフ便り

【外国人支援】

来週末の2/15(土)には、中国料理教室も開催します。
詳しくは、IVY事務局(023-634-9830、またはler04525@nifty.com)
まで。

日時:2月15日(土)午前10時~1時半
場所:南山形コミュニティセンター 調理室
参加費:大人500円 子ども200円
メニュー:春餅=中国式クレープ、スープ

 

 

 

IVYスタッフ便り

【在住外国人支援】

IVYでは外国人・支援者を対象に、法律勉強会を開催いたします
今回は刑事事件の流れと離婚について事例をもとに勉強します。ご興味のある方はIVYまでご連絡ください。

日 時: 3月5日(水)  10:00~12:00am
会 場: 山形市男女共同参画センター(ファーラ)5F研修室
     (山形市城西町2-2-22  TEL:023-645-8077)
参加費: 500円 (資料代。ただしIVY会員は無料)

http://ameblo.jp/ivystaff/entry-11756868224.html