【イラク国内避難民支援】日本とイラクがより身近になるように・・・


 補習校の社会の授業時間などを利用して、日本に関して学ぶ機会を設けています。イラクにおける日本の好感度は高いですが、街中にあふれる日本車をのぞけば、具体的にはあまり知られていません。
世界地図を使い日本やイラク、知っている国を探してもらう授業を行ったところ、はじめはなかなか「日本」を探せなかった子どもたち。でも、授業の終わりには、すぐに指させるようになりました。

11836912_744165315695208_7578184557509130912_n


11800488_744165285695211_4323874180096800009_n

 折り紙は大人気で、折り方を暗記して何種類もひとりで折れるようになった子どもたちもいます。上級生たちは、日本に向けたメッセージカードを作ってくれました。思い思いのメッセージをアラビア語で書いたあとは、日本語の「ありがとう」に挑戦。見慣れない文字に苦戦していましたが、丁寧に時間をかけて、最後は上手に書けました。