カンボジアにイオンモールがオープン


先月オープンし、日本のニュース等でも取り上げられている、プノンペンのイオンモール。約190の専門店が出店するカンボジア最大規模のショッピングモールです。
IVYが立ち上げから支援しているスバイリエン州農産物組合(SAC)は、このイオンのスーパーマーケットと取引をすることになり、有機野菜を卸しています。
まだまだ思ったような売買にはなっていないようですが、現地スタッフも組合員の皆さんも、新しいビジネスに挑戦中です。
So our products are finally on the shelf. It took 5 hours to prepare. 3 hours to transport. 2 hours waiting for our turn for delivery. 2 kinds of items was rejected and returned. On the opening day, we only found that some of our “certified organic” products have no space under “organic corner” and were placed with other conventional products… Very few sales on the first day and the order on Sunday was canceled in the last minutes. You can never know what will happen when you try something new for the first time. For the last few days, IVY staff and SAC members worked very hard and now we are all tired… 

とうとうイオンの店頭にSACの野菜が並びました!出荷準備に5時間、運搬3時間、納品口で並ぶこと2時間。2種類の野菜はそこではねられてしまいました。開店の日、有機野菜コーナーに並んだのはたった一種類だけ。その他は場所がないため、他の一般野菜コーナーに。。一日目の午前中売れたのは空芯菜一袋でした。。二回目の注文は直前にキャンセル。何をやるにしても、最初というのは大変。誰も予測がつけられません。ここ数日IVYのスタッフも組合員もめちゃくちゃ働きました。そして疲れました。。