12月22日 伝言ゲームと人間知恵の輪 ~お兄さん・お姉さんと遊ぶ

12月22日(日)
 今日は、中国人留学生二人が来てくれる月最後の教室です。毎月最後の教室に留学生が来て授業をサポートし、後半ゲームを担当してくれるので、こどもはもちろん、私たちスタッフも、今日はどんなゲームかなととても楽しみです。
 加えて、今日もT大学の学生さんたち6名(男2女4)が来てくれました。彼らは中国語を履修しておらず、完全な「日本語族」ですが、保育士や小学校の先生を目指していて、園や学校にはたびたび足を運んで実習経験豊富、子どもの扱いには慣れています。どちらも、私たちスタッフにとっては、師とすべきところが多い若者たちです。

プログラム1 お正月の歌「恭喜恭喜」
まず、留学生2名を含めたスタッフ4名で歌いメロディーをつかんでもらった後、みんなで歌いました。古くからいる子供達は、ステージでも歌ったことがあり知っているはずなのに、小学校高学年になると照れて歌いません。歌った私たちだけお正月気分。

プログラム2 2クラスに分かれて中国語学習
わたしは上のクラスを担当。子どもが2名欠席だったため、子ども3にお姉さん3で、ペアを組むにはぴったり。今日は、第3課「凡尔赛宫(ベルサイユ宮殿)」の3時間目で、まとめの回です。まず、本文を読みましたが、今ひとつ声に元気がないので、6人にカード取りをしてもらいました。

「茶,吃,喝,咖啡,飞机,司机,工人,演员,作家,苹果」等、表に絵とピンイン、裏に漢字が書いてあるカード20枚です。ルールは2つ。中国語で発音された単語の意味を日本語で言ってから取る、お手つきをしたら手札を一枚出す、です。日本語族のお姉さんたちにも1枚くらい取らせてあげようというこちらの配慮にはあまり拘泥せず、少しでも自分が多く取ろうと必死。1回目は、模様眺めをしていたお姉さんたちですが、2回目は茶、咖啡など、自分たちにも取れそうなカードを引き寄せて決死の態勢。3回目にして、2人のお姉さんが1枚ずつゲットして終了しました。
 少し気持ちがほぐれたところで、ベルサイユの本文の内容から各自1問、問題作りをしてホワイトボードに書き出し(大学生は日本語、子どもたちは中国語で)、子どもたちが中国語でその解答を書いていくという作業にとりかかりました。子どもたちが、ペアの大学生に本文の内容を上手に教えてあげていたので、内容自体、子どもにとってはあまり面白くないながらもよく理解していることが分かりました。
 最後の5分で、4課の「太陽」の偉大な力を謳った本文を朗読。
西:意味は分かった?
子:わかりませ~ん。
西:1行7文字の韻文は・・・
博:ああ、七言なんとか・・・
西:そうですね。で、七言の時は、何文字目で意味が切れるかも習った?
博:そこまでは習っていません・・・あ、確か、4文字目で・・・
ちゃんと授業を聞いているんですね、博君。そこで、
西:わかるところだけで良いから、ちょっと訳してみましょう
と、訳に取りかかったところ、全部できてしまいました。

プログラム3 ゲーム
【第1ラウンド】留学生発案の伝言ゲーム。子どもと大学生が混合で2チームを編成。男子が多いチームと女性ばかりのチーム。スタートは、上のクラスの子が、中国語で書かれたカードを見て伝えるので、間違いないと思うのですが、途中には、日本語族の大学生や下のクラスの子どもが入っているので、なかなか最後まで正しく伝わりません。1単語3文字の言葉で、声調まで正しく伝えられた音だけポイントになります。

【第2ラウンド】T大学の学生さん発案の人間知恵の輪。説明が分かりやすく、とても上手でした。大学生のお兄さんお姉さんと手をつなぎもつれあうことで、笑いがたえず、とても楽しそうでした。どの子が、知恵の輪を外す役に手を挙げて、どんな風に解決していくのか、見る方も興味津々。
 
【感想】毎回、若いお兄さんお姉さんが関わってくれることの大切さを実感します。特に、お兄さんが来てくれると、場の雰囲気がかわり、男の子も女の子もまとわりついて離れません。子どもの扱いに慣れた(子どもと遊ぶことが好きな)お兄さんの存在は、これからの世の中に欠かせない存在だと思いました。 (西上紀江子)