今世紀最大と言われている「シリア難民」への支援を開始いたします

2011年3月と言えば私たち日本人にとってはあの大震災があった日ですが、ちょうど同じ頃、悲劇が始まり、そして今もまだその悲劇がずっと続いている国があります。

11_R

 

そう、シリアです。

(写真はイラク北部のクルド人自治区アルビル郊外のカルゴスク難民キャンプ-2013年10月IVY撮影)

国外に難民となって周囲の国々へ逃れ、国連で登録された人数だけでもこの10月で220万人を超えました。震災と同じようにあの3月からずっと気になっていたシリア情勢、そしてそこに暮らしていたはずの普通の家族、、、

縁あって、イラクの北部、今は「クルド人自治区」と言われている地域に、シリアから逃げてきた方々(主にシリア系クルド人と言われる方々)が22万人おられるというので、6月より現地調査等を進めていたIVYでは、このほど協力団体の皆様の協力の下、支援活動を開始させていただく運びとなりました。

「あのイラク!?」と驚かれる方も心配してくださる方もおられるとは思いますが、クルド人自治区は「第2のドバイ」と言われるほど国境貿易で経済発展し、日本企業の進出も少しずつ増加しています。

IVY初の中東での支援活動となりますが、安全には十分注意して進めてまいりますので、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

■今日までの流れ

4月 ジャパン・プラットフォーム(JPF)加盟

5月 緊急支援担当、副担当採用

   シリア、南スーダン、ハイチの3か国で支援国を検討

6月 シリア難民調査準備開始(ヨルダン、イラクの2か国検討)

7月 イラク国クルド人自治区にて現地調査

   支援分野の検討

8月 第1段階は、キャンプ外で暮らす難民に対しての越冬支援と決定

9月 ジャパン・プラットフォームに「イラク国クルド人自治区の首府アルビル市の                                                          シリア難民を対象とした越冬支援」に申請、採択

10月 アルビル市に事務局長派遣 クルド人自治区へのNGO登録、                            IVYアルビル事務所開設、現地スタッフの採用、調査等を行う

11月~ 日本人スタッフ2名を現地駐在として派遣対象地区の選定、越冬支援物資の配布(予定)

 

■事業の概要

事業名「イラク国クルド人自治区の首府アルビル市のシリア難民を対象とした越冬支援」

目 的 イラク国クルド人自治区の首府アルビル市内にキャンプ等より移動し、屋外や仮設住居等に暮らすシリア難民を対象とし、当団体の初事業として越冬用品の配布を行うことにより生活環境の改善を図る。

内 容  暖房用品、防寒着、断熱材・防風材等を配布する

対 象  アルビル市内のシリア難民で屋外や仮設住居等に暮らす約266世帯

期間  2013年9月30日~2014年2月1日

助成:特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム(JPF)、外務省

 

■寄附金を募集します

 初めてイラクで冬を迎える難民の方が大勢おられます。しかし、その数が膨大なため、活動資金が不足しています。お寄せいただいたご寄附は、難民の方々のための、石油ストーブ等の暖房用品、コート・ジャンパー等の防寒着、風除けのブルーシートや断熱材等を購入するための資金として活用されます。

 IVYは認定NPO法人です。所得税の寄附金控除をお受けいただけます。

 なお、20%を上限として管理費にも使用させていただきますことをご了承ください。

 

シリア難民支援のお振込先

yamagatabank.jpg お振込の後に、「住所」「氏名」をお電話、メール、FAXでお知らせください。
寿町支店  普通預金  366153
口座名義人: 認定NPO法人 IVY 代表理事 枝松直樹

 

yuchobank.jpg

 お振込の後に、「住所」「氏名」をお電話、メール、FAXでお知らせください。

 店名: 八五八(読み ハチゴハチ)  店番: 858
 普通預金 0839540

yubinbank.jpg

 郵便為替用紙に「住所」「氏名」とご記入の上、
 「ご寄付種目」と書き、下記の口座へご入金ください。

 口座番号: 02290-2-85967
 加入者名: IVY