イラク・ニナワ県にある壊れた校舎を補修します!

3月から、イラク共和国ニナワ県とエルビル県で学校の教育環境を改善するための
事業が新たにスタートしました!

 
イラク・ニナワ県にある壊れた校舎を補修します! 1

 
イラク共和国北部に位置するニナワ県トプザワ村は、2014年に過激派組織ISILと
政府軍との戦闘に巻きこまれ、生活インフラである電気、水道、子どもたちの
学び舎である学校なども大きな被害を受けました。

 
イラク・ニナワ県にある壊れた校舎を補修します!2

 

イラク・ニナワ県にある壊れた校舎を補修します!4

 
トプザワ中学校もその一つ。紛争によって校舎は一部分が壊され、今もガレキが残されたまま。
壁には大きな亀裂が入っており、放置しておくのは危険な状態です。

 
村人の寄付によって一部教室が補修され、今では約140人の生徒が学校に
通っていきていますが、教室が足りないために他村の中学校に通っている子どもたちもいます。
また、遠い道のりを通わせることに不安を抱く保護者もおり、学校に通うことのできない
子どもたちもいます。

 
一刻も早く校舎を補修し、子どもたちが安全な環境の下で教育を受けることができるよう、
IVYのエンジニアと補修する施工業者が中学校を訪れ、補修箇所を確認しました。

 
イラク・ニナワ県にある壊れた校舎を補修します! 3

 
作業工程表を作成し、工事着工に向けて準備を進めていましたが、
新型コロナウイルスの影響により、着工まではもう少し時間がかかりそうです。

 
一刻も早く新型コロナウイルスが終息し、子どもたちが安全な学校で勉強を再開することが
できるよう、これからも日本からサポートを続けていきます。

 
 
※本事業は、外務省の日本NGO連携無償資金協力や皆様のご寄付により実施しています。
(外務省NGO相談員ODA広報)