カンボジア10/4開始の新規事業アップしました!

 

カシュー農家

 

 

IVYの、プレアビヒア州での新しい農村支援

 

 

 IVYは、27年間におよぶ内戦が終わり、復興への歩みを開始したカンボジアで、農村の貧困削減のために、 1993年からさまざまなプロジェクトを行ってきました。

 

プレアビヒア州での活動もその一つで、今年10月4日から開始されたプロジェクトは、IVYにとって同州では2つ目のプロジェクトになります。

 

2年間実施した前事業では、7農協のコメ農家に対し、コメの国際有機認定取得と農協を通した契約農業を支援し、約700の農家が有機認定を受け、15%~25%高い値段でコメを販売することができました。

 

しかし、一方で、水田に隣接する畑では農薬を使用され始めるリスクが高く、毎年のように洪水に遭い、コメを出荷できない農家も多く出ていることから、より安定した経営基盤強化を行うため、第2段階では、3年かけて有機カシューナッツの契約栽培を促進していきます。

 

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

農協を通した 有機カシューナッツの契約栽培による小農家支援