【イラク学校建設】本日10月29日、公立校がついに開校!

皆様からのご支援により建設されたイラク国内避難民児童向けの小学校が、本日開校しました。

校舎の前シーラス

                   新しい校舎を前に、嬉しそうなシーラス君

 

現時点で276人の子どもたちが登録しています。まだ登録手続き中の児童もいるため、今後も増える予定です。また、イラク教育省の要請により、小学生の授業時間が終わったあとに、同じ教室で中学生への授業も行われることになりました。

多くの子どもたちが安心して学べる「学び舎」として、勉強に励んでほしい・・・。

小学校の開校に向けて、イラク教育省が生徒登録、教材、備品などの準備を進めていましたが、避難民向けの他の学校の開校手続きもあったため、小学校の開校が遅れていました。

待ちに待った開校の日をようやく迎えることができ、こうして皆さまにもご報告することができました。

 

イラクと日本の間には6時間の時差があり、日本のほうが6時間早く進んでいるため、

残念ながら、本日の開校の様子を撮った写真がまだイラクから届いていません。

イラクより写真が届き次第アップしたいと思いますので、引き続きこちらのホームページにご注目ください。

IVYのFacebookでもお知らせする予定です。

 

11月下旬に、開校後の学校の様子も含め、イラク人スタッフが来日し報告会を開催します。>> 詳細・お申し込みは、コチラから