【NGO × 企業連携シンポジウム】実施しました

NGOと企業が連携することによって、生まれてくること

 2月20日、仙台市市民活動サポートセンターで「NGO × 企業連携シンポジウム 」を開催しました。

 4名の講師に紹介頂いた「NGO×企業」の事例は、それぞれ興味深いものでしたが、共通していたのはNGOが大切にしているプロジェクトの目的や意義がきちんと企業側にも理解されていたこと。

 今回のシンポジウムをきっけけに、東北でも多くのNGO×企業のコラボが生まれていくことを願っています。

10954327_665558093555931_5796725887308194590_n

参加者は22名。学生、NGOなど援助機関関係者、企業関係者など。

1781953_665557196889354_8761232754800643139_n

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)兵頭事務局次長からは、NGOや企業50団体が所属している「NGOと企業の連携推進ネットワーク」と、SCJとユニリーバの事例紹介がありました。

10995289_665557236889350_8661642147063817624_n

セーブ・ザ・チルドレン(SCJ)深見 法人連携部マネージャーからは、SCJとサッカーJ1の柏レイソルとの連携によるベトナムでの教育支援の事例が紹介されました。

11000056_665557163556024_3671902867147980573_n

アマニ・ヤ・アフリカ 石原理事長からは、酒造メーカーの一ノ蔵が様々な形で、アマニの活動を支援する事例が紹介されました。

11001906_665557146889359_1002576438378000233_n

ベガルタ仙台の井上 育成部管理課長からは、「フー太郎の森基金」との連携により実現した、エチオピア・ラリベラでのサッカー教室の事例が紹介されました。

10995869_665557190222688_7409920037883595320_n

後半は、参加者によるグループワーク。NGOと企業のコラボ企画を考えました。