カンボジア算数教育支援

 

がんばれ! 

 

カンボジア農村部の小学校に

算数ドリルを作って贈る活動を行って、
7年目になります!


 

 

カンボジア ・スバイリエン州の農村部では、充分な教育環境が整っていません。

満足な基礎教育を受けていない子どもたちは、将来的に読み書きや計算ができない可能性が高くなり、貧困の悪循環から抜け出すことがいっそうむずかしくなります。

 

IVYyouthの「カンボジア教育支援プロジェクト」では、
小学校の算数教育を支援することで貧困削減に繋げようと、
2010年より、小学校低学年の子どもたちへ向け、
子どもたちが自分の力で、楽しく学ぶことのできる算数ドリルを制作し
小学校に配る活動をしています。

 

最新の渡航報告会(2015年夏)の資料は、 2015夏渡航報告会からダウンロードしてください。

 

活動の近況は、IVYyouthホームページまたはFacebookをご覧ください。

 

 


                            

Q.どうしてカンボジアの小学生には算数ドリルが必要なの? pig.jpg


yourh_cambodia1.jpg

A.農村の貧困改善には算数が必要。でも教科書は全員分ありません。

 

1975年〜1979年まで、
カンボジアではポル・ポト派と呼ばれる
共産主義政権が国の主権を握っていました。
この政権は、たった四年間の間に、
知識人を中心に数百万の国民を虐殺。
また文化全てを否定していたため、書物は焼かれ、
教育面においても、多くの教師が殺され、
教科書も学校も焼かれるという悲惨な状態に陥りました。
年を経て都市部では改善されていますが、農村部はほとんど昔のままです。

現在農村部の小学校で使われている教材は、
6年に1度支給される教科書のみのため、
紛失などにより教科書を利用出来ない子どもが多くいます。

また教科書の内容も、練習問題が極端に少ない、
問題の難易度にばらつきがあるなど、
改善すべき点が目につきました。

農村部の貧困を改善する方法は、
人々自身が農業や経営の技術を得て農作物の生産量をを上げることです。
それらの基盤として算数の基礎知識の習得は欠かせません。
少しでも多くの子どもたちが将来貧困から抜け出せるよう、
算数ドリルを制作・寄贈することでカンボジアの農村を支援しています。

TOPへ戻る

 


 

cat.jpg Q.どんな算数ドリルを作ってるの?

 

A.農村に住む子どもたちが楽しみながら算数を理解し、
自分の力で学んでいける問題集を作っています。

カンボジアの農村の子どもたちの学習を応援するには、
子どもたち自身が積極的に学んでいける仕組みを作ることが必要だと考え、
ドリルに3つの工夫を加えました。

 

yourh_cambodia2.jpg 工夫1  やさしい問題を中心に掲載
「問題を解く楽しさ」を感じてもらうため、
簡単に解ける基本問題を中心に掲載しました。
基本問題を繰り返し解くことは学習の定着にもつながります。
工夫2  細かいレベルアップ方式
chicken.jpg         eggplant.jpg
kinoko.jpg
ドリルは、基本問題から応用問題へと、
細かい段階を踏んで進んでいきます。
これによって子どもたちは自分の力で理解しながら
学習を進めていくことができます。
工夫3  イラストをたくさん掲載
マンゴー、バナナ、にわとり、ブタ、牛・・・。
より算数に親しみを持ってもらうため、
農村の子どもたちにとって身近なものを学生が手描きをし、
たくさん掲載しました。

TOPへ戻る

 

 

 

ドリル募金にご協力ください!!


 

 

2010年度から始まった当プロジェクトは、多くの皆様のご協力により、これまでに州内39校・5,685冊の配布を行うことができました。今後も、教育を必要とする子どもたちのために、ニーズに合わせて活動を継続していく計画です。

 

活動継続には、みなさまのご協力が必要です。

プロジェクトへのご寄付をいただいた方には…

 

● 完成した教材を一部お送りいたします。

● 教材の裏表紙にお名前を掲載いたします。

 

ご協力をよろしくお願いいたします。

ご寄付はこちらから