教育支援

 


シリアとイラクの子どもたちを学校へ


 

 

2011年3月に起きた反政府デモから拡大したシリアの内戦。クルド自治区

2014年1月以降、イラクまで勢力を広げた武装勢力、イスラム国。

 

国連によると、シリア難民・国内避難民*の数は1100万人を越え、イラク北部のクルド自治区へ逃れる人々も23.8万人に達しています。また、14年6月以降、イラク国内でも武装勢力から逃れるために320万人を超える国内避難民が発生しています。

 

*「難民」とは国境を越えて外国に避難する人々のこと、「国内避難民」とは国内で別の地域へ避難する人々のことをさし、使い分けられています。

 

 


 

教育支援のきっかけ

 

IVYは、2013年9月よりジャパン・プラットフォーム(JPF)の一員として、イラク共和国クルド自治区でこれらの方々へさまざまな支援を行ってきました。

 

その中で見えてきたのは、難民・国内避難民となった子どもたちが長期間、学校へ通えないまま放置されている状況でした。

 

イラク北部エルビル県には、41万人もの人々がシリアやイラクの戦火を逃れ、避難生活を送っています。そのうち10万人は5歳~17歳の、本来なら学校に通っている子どもたちです。

 

しかし、学校が遠すぎたり生活が苦しい等の理由で、シリア難民では半分以上の子どもたちが学校に通えていません。児童労働、早婚等、さまざまな困難に直面していたり、将来への夢を失いつつある子どもたち。

 

そこで、 IVYでは、「難民、避難民の子どもたちを学校へ」を合言葉に、
1)難民、避難民専用の学校を新しく開校
2)地元の学校の校舎をなおして、難民、避難民も使わせてもらえるようにする
等の支援を行い、この3年間で11校、4,400人以上の子どもたちに学び舎を提供してきました。

 

 


 

現在実施中の事業の概要

 

 

事業名:「イラク共和国シリア難民教育支援事業 フェーズⅤ」

 

期間:2017年4月1日~2018年2月28日

 

目的:イラク共和国エルビル県において、シリア難民児童のための補習校と公立校の開校と運営をサポートし、初等教育が受けられるようにする

 

活動内容:

1)シリア難民の子どもたちで、避難した先が学校から遠く、学校へ通えていない子どもたちのために徒歩圏内に補習校1校を開設し、運営する。(6月~8月)

 

 

DSC02145

(写真:補習校での算数の授業。班で教え合いながら問題を解く子ども達。2017年7月13日)

 

 

2)シリア難民の子ども達のための公立校を開設するため、プレハブ校舎の建設を行う。 教室9、職員室2、トイレ、手洗い場、水タンク、倉庫、等を備えた校舎を建設する。(4~8月)

 

3)公立校の開校をサポートし、問題なく運営が出来ているかどうかをモニタリングする。また、児童に新しい校舎をきれいに使ってもらえるように、特別授業を実施する。(9~2月)

 

 


 

 事業開始前の状況・現在の状況

 

 

シリア難民の子どもたちが置かれていた以前の状況

2011年のシリア内戦開始から7年近くが経過し、シリア難民の方々も避難先での生活に慣れてこられました。

 

しかし、避難の長期化に伴う先の見えない生活にキャンプ外難民の多くは、特に子どもたちの将来に大きな不安を抱えていました。 クルド自治区内ではクルド語での学校教育が主流のため、シリア難民が希望するアラビア語学校は少なく、多くの難民が暮らしている住居費の安価な地域にアラビア語で授業が受けられる小学校はありません。

 

その結果、2016年5月時点で、エルビル県のキャンプ外には、推定で約10,000人の小学生年齢のシリア難民の子ども達がいましたが、学校に通えていた子どもは約5900人(59%)で、残り4100人(41%)もの子ども達が学校に通えていませんでした。

 

特に、この事業を実施した地区では、シリア難民のための学校がなく、65%の子ども達が、通学できていませんでした。

 

現在の状況

このギャップを埋めるために、クルド教育省や他団体と協力して、10月の新学期に合わせて、IVYが建設した校舎で「ロンデック小学校」が開校。もともと学校がなかった地区で、シリア難民の子ども達が教育を受けられるようになりました。

 

 

 


 

 

【建設された公立小学校の概要】

・建設地:イラク共和国クルド自治区エルビル県

・敷地面積:約1575㎡

・床面積:約480㎡

・設備:教室9、職員室3、倉庫3、正門、トイレ男女各8、手洗い場、水タンク、冷水機

・総建設費:1490万7412円(US$1=113円で換算)

・今後の運営・管理:クルド教育省(2018年2月までモニタリングサポートを実施)

 

DSC03304

(写真:2017年10月1日に開校した小学校。)

 

DSC03005

(写真:真新しい教室でうれしそうな児童。)