山形・新潟地震 被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

 

 

6月18日(火)22時22分ごろ、震度6強の地震がありました。

 

気象庁によると、震源地は山形県沖で、震源の深さ14キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.7。新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市など庄内地方では震度6弱の激しい揺れが観測されました。

 

この地震に伴い、山形県、新潟県、石川県能登に津波注意報が発表されました。

 

地震から一夜明けた19日(水)、各地の被害状況は、共同通信の集計では、宮城、山形、新潟、石川の4県で計21人が負傷。このうち1人が重傷。避難所で夜を明かした人も多数に上り、建物倒壊や斜面崩落、液状化による道路の陥没・隆起も確認されています。震源地に近い、山形県鶴岡市で避難された方の話として、「30秒近く横揺れが続いた」「東日本大震災よりも、ものすごい揺れだった」と地元紙の山形新聞が報じています。山形県酒田市ではブロック塀の倒壊が4件報告されています。一方、津波による目立った被害は確認されていません。

 

けが人の内訳は山形が12人、宮城と新潟が各4人、石川が1人。

 

今後も大きな揺れを伴う地震が発生する恐れがありますので、警戒が必要です。
また、新潟県や山形県では19日に雨が降ることが予想されており、土砂災害などが発生する恐れがありますので、十分にご注意ください。

 

その他の情報は以下のとおりです。

 

東北電力によると、山形県内は温海地域を中心に鶴岡市で約4800戸、酒田市で約200戸が停電しましたが、現在は復旧されています。

 

JR東日本によると、地震後、山形新幹線が福島―米沢間で足止め。秋田新幹線の大曲―秋田間が運転見合わせ。東北、上越新幹線も一時運転を見合わせましたが、19日10時現在、運休はありません。

 

また、在来線は、地震後、羽越本線の中条―秋田間、酒田―新屋間、奥羽線の及位―青森間と奥羽線(山形線)の庭坂―板谷間で運転を見合わせていましたが、19日10時現在、羽越本線を除き復旧しています。羽越本線は、酒田~秋田駅間の上下線の一部列車に遅れが出ています。

 

国土交通省によると、日本海東北自動車道と山形自動車道は、山形県内の一部区間で通行止めとなりましたが、19日10時現在、解除されています。

 

今回の山形・新潟地震で被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

 
山形県内の主な震度は次の通り。

▽震度6弱=鶴岡市温海川▽震度5強=鶴岡市温海、道田町▽震度5弱=鶴岡市馬場町、上山添、酒田市亀ケ崎、宮野浦、三川町横山、大蔵村肘折▽震度4=鶴岡市、酒田市、庄内町、遊佐町、大蔵村、新庄市、最上町、舟形町、真室川町、鮭川村、戸沢村、上山市、村山市、尾花沢市、山辺町、中山町、河北町、西川町、大江町、米沢市、長井市、南陽市、川西町、小国町、飯豊町▽震度3=新庄市、金山町、山形市、寒河江市、天童市、東根市、朝日町、大石田町、米沢市、飯豊町、高畠町、白鷹町など